トークコラム「 ウエディングハイ」「マタニティハイ」って何!?そして対処方法


2015ハワイ結婚式カメラマンSUG-1005_4700

 

 

今回のテーマは「ウエディングハイ」「マタニティハイ」あまり聞きなれない言葉ですが
アラサー世代は経験したことあるかもしれない内容です!?

しちゃう側、受け取る側、両方経験するかもしれないこの話題。
トークコラムにしてみました!

前田: 30歳になってから周りが結婚ラッシュやマタニティラッシュとかで、20代のときって結婚はまだまだ先でいいやと思ったり、結婚した人とまだしてない人にミックスでいて結婚=遠い世界の話だったりもするから、結婚した子がいると「わぁ、おめでとう!!」ってすむからよかったんだけど、30代になると婚活している人や、妊活している人も増えて●●活を頑張っている人も増えきて、みんないろいろなフェーズに別れていくと思うのね。
結婚した人、結婚したくない人、結婚したくても縁がない人、などなど様々。
だから、自分が結婚したからといって「はい、私ハッピーです。みんなお祝いしてね!」というテンションだと、いろいろ女友達間で温度差が起きてきて、それがウエディングハイやマタニティハイだなぁと思うの。
ハッピー側の上がりすぎたテンションと、受け取り側の卑屈さでもあると思うんだけれどね。実際、自分もどっちに側にもなったことあるからこそこのテーマは気になるなぁ。

そして、こんなときどうやって女同士上手くやっていくのがいいのかなか?って思って。

新里 なりほどね~そうだね~、ありがちな問題だね~。

岡部: そうだねーウエディングハイは新居や結婚式や旦那さんのこととか、会うたびに必ず報告してくれる子とかね(笑)私もそのときは結婚していたけれど、毎回毎回その報告はどうかなぁとも思ったな~。新居に遊びにいくとモデルルームのようにお部屋を紹介してくれうんだけどね。ベッドがこれくらいの値段でまで紹介されて・・・笑。そこまでしなくてもいいのかなぁと思ったけどね。
でも、その子は実家から出たこともなかったかたよっぽど新居が嬉しかったんだなぁと思って消化するようにしたかな。

新里なんかさぁ、一対一だったらそうやって思うくらいでいいんだけど、グループで「あの子ちょっと~・・・」って感じになるのがまずいんだろうね。一対一であればどちらが大人だったりすればすむからね。グループ内で報告するときはする側は気を付けたほうがいいのかもね。

前田: 結婚、妊娠で今までの受験や就活などキャリアをつむ場合の努力とはまったく別なんだけど似ているようで似てないというか。就活や受験はなんと~く空気感があって、受かったとしてもグループスレで「●●会社内定しました!!」とかはやらないしね。
それがダイレクトにグループ内スレでの発表だったりすると、結婚や妊娠って女性のターニングポイントだから人と比べると余計に落ち込んでしまう部分もあると思う。

岡部: 幸せの価値観はそれぞれ違うからね。比べてはだめなんだけどね。

新里 実は本当は幸せの価値観の軸ってそれぞれだから比べることは出来ないんだけど、気になってしまう部分でもあるよね。

前田: 人間だもんね。人間らしいというか。

新里 年賀状問題ってあるじゃない、子供の写真を載せるとか載せないとかの話。その話をみて思うんだけど、本当に心底自分の子供のことを喜んでくれるのって、自分の両親や義理の両親、家族や親族くらいだと思うのね。だからね、思いきりのろけるのはそこの間柄だけでいいと思うの。そうやって、自分の子供のことを絶対に喜んでくれる人たちを見つけといて、そこで幸せなりのろけは出し切って、ワンクッションおいてからグループスレなりで報告するようにすればいいのかなと思うよ。そこでちょっとだけ客観性を持たせるようにするといいと思うの

前田: そうそう、それだ! 客観性ね!

岡部: あっ、客観性~!

新里 報告される側のコンディションだって自分と同じようにハッピーハッピーなときじゃないかもっ!?っていう想像力や、相手を思いやる想像力とか必要なのかなと思う。
別に気を遣いすぎたほうがいいってわけでなくてね!

前田: おぉ、上手くまとまりました! やはり思いやり、大事だね~。自分が幸せなときこそ相手に思いやりをもった言動、行動出来る人って素敵だな~
受け取る側も受け取る側で寛容な心と、あてられすぎるときは受け流す“スルー力”を身に着けるのが1番なのかな。

まとめ 前田:

実際に話しているときには感じなかったけど文字になってみて感じたことは、「1対1か」「1対グループか」「1対SNSか」で受け取り
方も変わるんだろうと感じました。

ゆりちゃん(新里さん)もいっていうように、1対1でのコミュニケーションならかわし方は女子は子供のころは培ったコミュ力でなんとなく慣れていると思うんです。SNSも見なければいい、という発想があり今はSNSをみて嫌な気持ちになる人はSNSを開かないようにするというのが常識的になっていると思います。いわばSNS離れですね。

しかし、どうしてもグループへの報告になると1対1と1対SNSの中間的なものだから、対個人という一人一人の思いやりがかけちゃったりしがちなんだと思います。ましてや、グループスレッドってここ最近出来たものだしやっぱりまだ使いこなせない部分もあってSNS的に「報告があります。ラブラブラブ♡」なんて展開になる場合も多いと思います。逆に対誰かという個人宛てだったら「最近どお?実は私ごとだけど報告があって・・・いつも聞いてくれてありがとね!」というかんじに配慮を気づかないうちにできている場合が多いんですよね、女性は。
ラインやfbメッセって、SNSのフィードと違って、鳴ったら見るものだからいくら自分が落ち込んでいるときでも見ないとならない場合が多いし、見てしまって余計落ち込む場合も多いと思う。

まとめると、グループへのハッピー投稿も対一人の個人にするように、思いやりをもってする報告やお知らせすることを心がけるとスマートということだと思いました。

受け取る側については、極力は「他人と比べて落ち込まない心」なんだけど、仙人じゃなから分かっていてもなかなか出来ないと思うんです。
今回深く話さなかったけど適度なスルー力と、他の居場所を持つこととによって緩和される部分があるんじゃないかなと思います。