お母さんになるって、どんな感じですか? 


こんにちは。Lohas Life Projectの新里百合子です。

以前のコラムを読んだ女性達からさまざまな反響を頂き、是非書いて欲しいトピックという事で多かったのが鉄板婚活ネタと、「で、お母さんになるってどんな感じなの?」というざっくりとした疑問に答えて欲しいというものでした。

今週のテーマはフリーという事で、子供が産まれてから~1歳になるまでを、個人的な体験談を含めてちょっと書いてみようと思います。

出産し、母になる

378932_10150464660856406_1754855393_n

photo by Teo Maras

女性の人生を二つに区切るとして・・・私にとって一番大きな節目というのは「出産し、母になる事」でした。人によっては結婚かもしれないし、離婚かもしれない。海外移住や転職かもしれません。

ですが私の場合、人生で一番の変化は今のところ「母親になったこと」でした。留学もこれには叶いません。渡航先が身近な先進国アメリカだったからでしょうか。遠いモンゴルやアフリカ諸国ならまた違ったかも・・・?

さて、話を戻して・・・母親になるためにはまず妊娠しなくてはなりません。

妊娠―これも、本当に人それぞれ辛さが違いますよね。つわりがひどく何も食べられずにげっそりと痩せてしまう人もいれば、私のように朝から甘いパン3個とかモリモリ食べて激太りする人もいます。

その妊娠にいたるまでも、自然に妊娠するとか排卵日を狙うとか基礎体温を付ける、いわゆる妊活をする、不妊治療をするなど実に様々です。

そして無事妊娠をしたら、妊娠初期・安定期・後期を経て自然分娩/無痛分娩/和痛分娩/帝王切開などで赤ちゃんを神秘の羊水ワールドから人間界に。無事に10月10日おなかの中で赤ちゃんを育てた後も、お母さん達はこれまた様々な方法でわが子と対面しようと頑張るのですね。

さぁ、無事生まれてホッとしたのもつかの間、母乳育児のスタートです。

もちろん母乳の量の問題などでミルク育児だったり、ミルクと母乳混合にしたりとさまざま。それに母乳が上手く出たとしても、授乳が始めから上手に出来る人もいますが、練習が必要で痛みに耐えながら授乳をする新米ママ(私)も沢山います。

完全ミルク、完全母乳を略して完ミ・完母というなど、その世界もかなり細分化されているし、搾乳と言って、牛のように母乳を搾るツールもあるんです。授乳ばかりの新生児期は、ママ達が本当に自分は哺乳類の雌なんだと感じた・・・という意見も多いほど。

でも、進化した最新の抱っこ紐やベビーカーでお出かけも出来るので、産後しばらくしたら赤ちゃんとお散歩だって出来ます。最初のうちは、ママの荷物がオムツや着替えや哺乳瓶などでパンパンでちょっとした小旅行風な出で立ちになってしまうのは勘弁してください。

さて肝心の赤ちゃんはというと、大体2,3キロで生まれてきてまだ首もしっかりせずほぼ寝ているだけの生活から首がすわり(安定し自分の頭の重さを支えられるようになり)寝返りをうちはじめ縦横無尽にごろごろできる様になったら今度は四肢を上手に使って這いずり回ります。

ズリバイとかハイハイとか、いろんなスタイルを経てしばらくしたら何かにつかまってタッチ出来るようになっている。いわゆる「つかまり立ち」といわれる状態ですね。(コレがまた激萌えで・・・♥)

ヨチヨチ歩けるようになるまで、赤ちゃんってば本当にすこ~しずつ成長していくんです。

その間お母さんは、基本的に睡眠不足。例の夜泣きとか、黄昏泣きとか、昼夜を問わないギャン泣きとか、とにかく赤ちゃんは泣いているのでろくに眠れない日々が続きます。

これまた人それぞれといえばそれぞれなので一概には言えませんが、好きな時に寝ることが出来た時代をあり難く感じたりしながらオムツを替えたり授乳をしたりず~~~っと抱っこしたりの生活が続くのです。

寝不足が解消される時期は人それぞれですが、私の睡眠不足は生後3ヶ月ごろから解消されました。

ただ、この一連の作業に慣れなくて、産後うつといわれる症状になったり夫婦関係がこじれる産後クライシスに陥ったりするケースも多いので、できるだけ事前に情報収集をして対策を打っておいたほうが良いかもしれません。

イベントで言うと、生後一ヶ月目には産院で受ける一ヶ月検診、お宮参り、生後100日前後にはお食い初めと呼ばれるイベントがあり、昨今では生後6ヶ月を祝うハーフバースデーなどもありますよね。生後6ヶ月までは、任意のものもそうでないものも、予防接種を打ちまくる期間でもあります。また生れた月によっても違いますが、季節ごとのお祝いをして、初節句をこなしていけば、無事☆1歳の誕生日!というわけです。

当日は子供に一升餅を担がせてみたり、将来の職業を占ってみたりご馳走を用意したりして大いに盛り上がり、怒涛の一年の締めくくり・・・というところでしょうか。

2012-03-18 023

いかがでしたでしょうか?簡単ではありますが、少しでも出産~0歳児育児のイメージを描けていただけるようになれば幸いです。

次回は一気に赤ちゃんから幼児へ!1歳~2歳までについて書いてみようと思います。

昨日のコラムは前田さんの、 「不安な気持ちと別れる訓練を♪起業を考えている方へ脳トレ」でした!

ちなみに私が起業したくても出来ない理由、それは・・・「初期投資費用がない」「責任をとったりするのが恐ろしい」「自分には無理だと思っている」の3つです。前田さん、こんな場合はどうしたらよいのでしょうか・・・